忍者ブログ
山田のへぼへぼプレイ日記かもしれない。合い言葉「死んでも泣かない」「ネコで誤魔化せ!!」
カテゴリー
* メガテンSJ(7) * 日記(16) * 挨拶と御注意(2) * お知らせ(5) * アラド戦記(104) * 未選択(0) * サイト(4) * 本(1) * ゲーム(18) * 剣と魔法(10)
  カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  フリーエリア
  最新コメント
  プロフィール
HN:
山田
性別:
非公開
自己紹介:
 詳しい話はカテゴリの「挨拶と御注意」かブログの内容にて。

現在中止中(アラド戦記)
【左近時】
【鷺】

今は真・女神転生STRANGE JOURNEYプレイ中
  バーコード
  ブログ内検索
  アクセス解析
  カウンター
[1] [2] [3] [4]
2017/12/14 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/10/11 (Sat)
 お久しぶりです。
現在進行形(前兆合わせて一ヶ月弱)で風邪を引いている山田です。
今日、10月10日は旧・体育の日だそうで、雨が多い秋の中でも高確率で晴れる日だそうです。

あまりにひどいからと心配をしてくれた

 「何か俺にできることはないか?」

 と、聞いたので(PM9:00過ぎ)思わず

山田「ロックマンX5をクリアしてくれ

 それが間違いの始まりだった。
PR
2006/08/29 (Tue)
CABAL ONLINE

 ヨワヨワのスペックでもできるとか、コンボが売りとか、ソロでもいけるとかを聞いてみたので、クローズドβにとりあえず応募してみます。
3D酔いしなければ。
2006/06/12 (Mon)
 中毒性
MMO>PBC>PBM・PBeM>TRPG

MMO
 ダントツ。一番の大きな理由は常時拘束時間に準じるから。
 ゲーム性の高さ・グループでの寄り合い・(望めば)人との接触がコンビニ並の最低限ですむ部分や、LV=強さ=強い・凄さの満足感が更に拍車を掛ける。
 参加人数の多さもあり、放課後や空き時間等の「他愛もないおしゃべりする場」がMMOに移動したのかもしれない。

PBC
 (チャットで)会う約束をするような知り合いができ次第、MMO並になる事が多い。
会う約束がなければ時間と人の集まりによるため、人の縁次第であっさりやめたり辞めなかったり。

PBM・PBeM
 キャラクターの行動が大成功や満足した場合、結果は紙なりメールなりで記録に残るため、何度も喜びを読み返す事から中毒性が上がる。
同じ場所に参加している他参加者に、その成功や満足な部分を読まれる快感もあり、誇示したい場合は更に満足度が高まる。
 即効的な効果よりは後からじわじわと来るのかもしれない。

TRPG
 行動結果をリプレイとして纏めた場合はPBM・PBeMに準じる。
ゲームとしては1話読み切りのような短さなので比較的あっさりと終わる。
 回数を重ねる事でTRPG自体に対する中毒性は増す。
2006/06/11 (Sun)
 キャラクターへの感情移入度合い
PBC>MMO>PBM・PBeM>TRPG

PBC
 参加者がキャラクターになりきって会話をする分、自分=キャラクターとして受け取りやすい。

MMO
 ゲーム性が高い分だけ、キャラクターとプレイヤーの垣根はしっかりあるが、ゲームに費やす時間の分だけ自分が体感したかのように感じる可能性がある。

PBM・PBeM
 キャラクターの行動結果がメールなり紙媒体で届く分だけ「揺るぎない結果」を何度も読み返す事になる。
その際、キャラクターとしての視点とプレイヤーとしての視点を同一と感じたりしたり共感する事がある。
 キャラクターになり切ってチャットや掲示板の書き込みをする際は、PBCに準ずる。

TRPG
 ロール(演じる)のを重視する場合はPBCに準じるが、ダイス(サイコロ)を振るゲームとして遊ぶ場合はゲーム的要素を使用する頻度の高さからキャラクターへの感情移入しきれない部分がある。
 ゲームとしての時間が短いのも要因の一つである。
2006/06/10 (Sat)
 参加年代・男女差
MMO>PBC>PBM・PBeM>TRPG

MMO
 参加年代も独走気味。
 コンピューターRPG世代やパソコンの普及に伴い、男女を問わずこどもから大人まで幅広く参加。
 無料なら中・高が比較的割合が高く、有料なら大学生~社会人が多い。
年代で一番多いのは時間的にも金銭的にも余裕がある大学生が多く、ついで社会人と主婦がある。

PBC
 ゲーム的な要素よりは会話の遣り取りが主なため、女性が多い。
大学生~社会人も多いが、高校生もそこそこいる。中学生以下は親の目を盗んでが多い。
 漫画や小説のキャラクターになりきる場合、女性only:15禁/18禁と銘打つ所がある。
 場所によっては15禁・18禁・20禁や○○描写禁止等があり、年齢・傾向の規制もある。
 
PBM
 長年参加している場合が多く、社会人が多い。
人づてなどで学生(中高生~大学まで幅広い)が多く、口コミらしく年代はバラバラ。
男女年齢を問わず参加できる為、運営側の傾向で年代や傾向が変わる。
(例:2005年時点のP,A,S,の傾向はライトタッチなライトノベル形式。女性・学生の割合が高め)

PBeM
 インターネット版PBM。
 個人や規模が小さい場合はPBCに準じる。

TRPG
 これらのゲームの中では一番古いゲームな分だけ、長年参加=社会人が多い。
ゲーム的な要素はMMO並にあるので比較的男性の割合が高く、女性の割合は少な目。
 個人や規模が小さい場合はPBCに準じる。
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *