忍者ブログ
山田のへぼへぼプレイ日記かもしれない。合い言葉「死んでも泣かない」「ネコで誤魔化せ!!」
カテゴリー
* メガテンSJ(7) * 日記(16) * 挨拶と御注意(2) * お知らせ(5) * アラド戦記(104) * 未選択(0) * サイト(4) * 本(1) * ゲーム(18) * 剣と魔法(10)
  カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  フリーエリア
  最新コメント
  プロフィール
HN:
山田
性別:
非公開
自己紹介:
 詳しい話はカテゴリの「挨拶と御注意」かブログの内容にて。

現在中止中(アラド戦記)
【左近時】
【鷺】

今は真・女神転生STRANGE JOURNEYプレイ中
  バーコード
  ブログ内検索
  アクセス解析
  カウンター
[54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44]
2017/10/19 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/11/17 (Fri)
 本日はハンゲームの11月イベントに没頭したのでアラド戦記はおやすみ。
無事魔法の玉を32.3個取って満足。

 ……が、が阿修羅を目指している鬼剣士で入っていたのでその話でも。

 本人にSSと文章の許可が下りているので遠慮無くゴゥ

の思惑)

「lv14~と言えば学者の手袋狙いっしょ」

「阿修羅だし知能いるし」

「最短で行けばエキスパートも行けるだろう」

 そう言えるのも今のうち。
レッドセルマリオンの吐息に焼かれる事間違いなし。

 意気込む
あっさり死なれても寂しいので、ゴーレムの叩き方とカゲル対策とレッドセルマリオン対策を思い出しつつ教えてみたんだけど……。



「はーい、まずゴーレム対策ー」

「余裕があれば足下にカザンをかけてカザンフィールド内で殴るようにー」

「赤く光ったら……そうそう、スーパーアーマー状態になったらウェーブで押し切ってもいいかもしんない」

 テンポよく進んでいるらしい

「次はカゲル対策ー」

「とりあえずヤツはシャンデリアから叩き落とせ(命令形)」

 鬼剣士だとジャンプ切り以外の空中に浮かんでいるような敵の対策はアイテムぐらい。空中連続切りはlv20だしSP100いるし。
おかげで空中にいる敵相手だと地面に張り付く感じで寂しい。

「後は遠くからでもウェーブでもいいし、近くで斬ってもいいけど手裏剣気をつけて」

「もし手裏剣が気になってるなら、ウェーブなり刀なりで手裏剣をはじき飛ばすのもアリ」

聞くなり自ら手裏剣に刺さりに行く

 キャラじゃなくてが「痛ー!」と叫ぶ始末。
 刺さってるのはじゃなくって、キャラだから。


 気を取り直して

「んじゃ次ー、セルマリオンとかー」

「ウェーブの出始め部分はある程度高さもあるから、無理矢理当てられるよー」

「レッドセルマリオン相手だと、
1・2・アッパースラッシュ→縦軸に逃げるか、1・2・3・アッパーシュラッシュ →縦軸に逃げる と攻撃をかわしやすいよー」

「縦軸で真ん中のラインに立っていたら、上下に動きやすいからオススメかも」

「炎を吹き出したら大抵×字型に暴れるから、ダッシュで右か左の端っこの真ん中のラインに逃げてみるとか」

「ん。わかった」

 これまでサクサク進めたのでこれ以上怖い敵もいないと確信した
「(アモン下層)ここで強敵なのはゴーレム系だけだよね
なんて余裕をかます


 それは突然の悲鳴。
叫ぶ
まだBOSSじゃないのに叫ぶほどのっていたっけ?


 いた。

黒いのきたー!

 くろいの?

 こりゃ確かに黒い

 言われてみれば、他のセルマリオンと違ってコイツだけは頭突きの如く急降下してピヨってた。
myバーサーカーもよく叫んでたなぁ……って思ってたら。

「黒いのきたー!きたー!」

 ……喜んでる?
のポイントが謎なまま、いざBOSSへ。

「(速攻)ただいまー」

「死んだ」

「いってきまーす」

 エキスパートだと無理なんじゃぁ……。
その後も数回繰り返して、ようやく

 無理!

 と叫んだ
しばらくノーマル通いになりそうだとか。
lv16になったものの、まだまだ先は長い。
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *